肝斑と普通のシミは何が違うの?

肝斑と普通のシミは何が違うの?

シミは決まった部分に発生するのではなく、太陽光による紫外線などによって過剰になったメラニン色素が存在している部分に発生するのが特徴ですが、肝斑は…

肝斑と普通のシミは何が違うの?

シミは決まった部分に発生するのではなく、太陽光による紫外線などによって過剰になったメラニン色素が存在している部分に発生するのが特徴ですが、肝斑は目の周囲や頬骨など発生する部位が決まっていますし左右対称に見られるのも大きな特徴です。

 

また、シミやそばかすなどはピンポイント的に色素の色が濃くなるため、色素の色が変化している所と変化していない所の色の境目がはっきりとしているものの、肝斑は色の境目がはっきりとしていないので顔色が全体的に良好ではなく見えます。

 

さらに、シミは20代など年齢が若い方も発生する事例が珍しくないですが、肝斑は20代などの若い方々には見られない一方で30代や40代になると顕著に増えます。

 

30代や40代から発生した肝斑は50代まで続くものの、60代を迎えると新たに発生する事例が無くなるのと同時に、これまで発生していた肝斑の色味が薄くなっていきます。

 

肝斑が発生するのは妊娠が関係したり高齢になる事が関係しやすいですが、毎日行うスキンケアが肌に負担を与えすぎる場合にも発生する理由に繋がるので、スキンケアをする時には負担を掛けないように優しくするのも大事です。

 

そして、肝斑を治療したい時には皮膚科にて専用のレーザーを使用したり内服薬を使用しながら治していきます。