シミの種類の肝斑とは

シミの種類の肝斑とは

一見すると紫外線を浴びた時に生じるシミによく似ているものの発生する理由に独自性があるのが肝斑です。発生する理由はどのようなものなのでしょうか?

シミの種類の肝斑とは

一見すると紫外線を浴びた時に生じるシミによく似ているものの発生する理由に独自性があるのが肝斑であり、発生する理由は女性ホルモンが大いに関係しているからこそ女性の肌に発生するのも特徴的です。

 

女性は妊娠や出産などによりホルモンの状態が変化しますが、他にも年齢が高くなった時などにも大きくホルモンの状態が変わります。

 

そのため、特に大きくホルモンのバランスが変化する30代から50代にかけては肌に肝斑が見られやすいです。

 

また、肝斑は日々の生活の中で感じているストレスの度合いが強いほどに年齢が低めでも発生しやすくなるので、解消したい時にはストレスを無くすアプローチをするのも大切です。

 

仕事または家事、育児などで生活習慣が変化しているのなら健やかな生活をするようにしつつストレスが発散できる物事を見付けましょう。

 

肝斑は通常の紫外線をたくさん受けた時にメラニン色素の過剰な働きにより発生する種類とは異なるものの、発生した後に紫外線を浴びた場合は同様に色が濃くなる様子から、しっかりと紫外線対策をする必要もあります。

 

さらに、肝斑をケアする時には表皮上からケアをするのと同時に、ホルモンバランスやビタミンなどの正常化を目的に体内からケアをするのも大事です。