肝斑とシミの違い

肝斑とシミの違い

シミはシミでも他と違うと感じるものを見つけたら、それは肝斑の可能性があります。具体的にはどのようなものなのでしょうか?

肝斑とシミの違い

シミはシミでも他と違うと感じるものを見つけたら、それは肝斑の可能性があります。

 

肝斑の普通のシミとの違いは輪郭が不明瞭で、また広範囲に現れることが挙げられます。

 

また頬骨を中心に左右対称に現れるのも、特有の症状だといえるでしょう。

 

左右同時にしかも広範囲に現れることから、初めて鏡で肝斑を目にするとショックを受けます。

 

肝斑は肌年齢が気になる30代、40代頃に発症しますが、50代の終わりくらいまで続くケースが多いです。

 

しかしそれ以降は逆にシミが薄くなることも珍しくないので、そこが普通のシミとの違いの1つとなります。

 

中には完全に消えたといっても過言ではないくらいに、全く目立たなくなるケースもあります。

 

肝斑は、通常のシミと同様に紫外線も原因の1つですが、実は女性ホルモンのバランスの影響も小さくないです。

 

メカニズムが完全に解明されているわけではないものの、妊娠を境に気になり始めたり、ピルの服用を切っ掛けと考える人もいます。

 

いずれにしても、肝斑は普通のシミよりも厄介ですから、気になる場合は美容皮膚科に相談するなどして治療を受けることをおすすめします。

 

薬の服用と専用のレーザーを用いるアプローチが有効だと分かっているので、肝斑に詳しいクリニックを受診するのが望ましいです。